Phonological Association in Kansai

Upcoming events

PAIK 2017-09

Date 2017/09/16 (土)13:30
Venue 神戸大学 文学部C棟5階会議室 (C561)(図書館の建物) Kobe University Faculty of Arts Library
Program
(1) 髙橋康徳(神戸大学)
「上海語トーンサンディーの通時変化:母語話者はどのように変化を反映させるのか」

(2) 那須昭夫(筑波大学)
「『~たい』節の音調中和




PAIK 2017-07

Date 2017/07/22 (土)13:00
Venue 神戸大学 文学部C棟5階会議室 (C561)(図書館の建物) Kobe University Faculty of Arts Library
Program
(1) Aaron Albin(神戸大学)
「日本語の外来語アクセントにおける通時的変化:平板化と語末第三規則と原語忠実性の相互作用」
Diachronic change in the accentuation of Western loanwords in Japanese: The interplay between de-accenting, the Antepenultimate Rule, and source faithfulness
(2) 田中真一(神戸大学)
「大阪方言における外来語アクセントと言語構造」

(3) 松井理直(大阪保健医療大学)
「撥音の同化と音節性について」




PAIK 2017-06

Date 2017/06/03 (土)13:30
Venue 大阪大学豊中キャンパス 言語文化棟3階 第1演習室 (302) Osaka University Toyonaka Campus
Program
(1) ドゥリニ ディルシャーラー ジャヤスーリヤ(京都大学大学院)
「シンハラ口語の動詞におけるプロソディーについて」

(2) 黒木邦彦(神戸松蔭女子学院大学)
「上甑島瀨上方言における1モーラの長母音」




PAIK 2017-04

Date 2017/04/22 (土)13:30
Venue 神戸大学 文学部C棟5階会議室 (C561)(図書館の建物) Kobe University Faculty of Arts Library
Program
(1) 桑本 裕二(公立鳥取環境大学)
「鳥取県倉吉方言における中高型および尾高形アクセントの優勢について—文イントネーションとの関わりについて—」

(2) 植田 尚樹(大阪大学/日本学術振興会)
「モンゴル語の第2音節以降の母音の長さについて―発話速度との関係から―」




PAIK 2017-03

Date 2017/03/25 (土)13:00
Venue 神戸大学 文学部C棟5階会議室 (C561)(図書館の建物) Kobe University Faculty of Arts Library
Program
(1) 窪薗晴夫(国立国語研究所)
 「日本語のプロソディーと音節構造」

(2) Junko Ito (UC Santa Cruz)
 ”Pitch Accent and Tonal Alignment”


窪薗先生の還暦を祝う会
場所: 神戸大学文学部 瀧川記念学術交流会館1F(六甲台第2キャンパス)




PAIK 2017-01

Date 2017/01/28 (土)13:30
Venue 神戸大学 文学部C棟5階会議室 (C561)(図書館の建物) Kobe University Faculty of Arts Library
Program
(1) 桑本 裕二(公立鳥取環境大学)
「鳥取県倉吉方言における開音由来の /a:/ とア音便について」

(2) 高嶋 秀(神戸大学)
「日本語のリズムと超重音節」




PAIK 2016-12

Date 2016/12/17 (土)13:00
Venue 神戸大学 文学部C棟5階会議室 (C561)(図書館の建物) Kobe University Faculty of Arts Library
Program
(1) 李 墨彤(大阪大学) 
「日本語漢語と外来語のアクセント分布の学習可能性」

(2) 陳 冠霖(大阪大学)
「中国語母語話者における日本語アクセントの自然性評定」

(3) 王 睿来(神戸大学)
「中国語母語話者の日本語名詞アクセントの産出:アクセント核情報の有無による検討」




PAIK 2016-11

Date 2016/11/19 (土)13:00
Venue 神戸松蔭女子学院大学 14号館1421教室(2階) Kobe Shoin Women's University
Program
(1) Timothy J. Vance (NINJAL) and Manami Hirayama (Ritsumeikan University) 
"Onset Cj and vowel devoicing in Japanese"

(2) グェン ティ フェン チャン(大阪大学)
「ベトナム人学習者による日本語の名詞アクセントに関する考察」

(3) Atsushi Noto (Tokyo Metropolitan University), Gakuji Kumagai (Tokyo Metropolitan University / JSPS), and Shigeto Kawahara (Keio University)
"Sound (symbolic) patterns of pokemon names"




PAIK 2016-10

Date 2016/10/29 (土)13:30
Venue 京都大学本部構内・総合研究2号館1階・第9演習室 Kyoto University, Honbu
Program
(1) 陳曦(大阪大学)
「4字漢語のアクセントと音韻·形態構造について」

(2) 王睿来(神戸大学)
「日本語アクセントの産出と知覚・知識ー中国語母語話者のデータからー」




発表者募集中 / Call for talks

PAIKの例会で発表をご希望の方は manahira@fc.ritsumei.ac.jp (平山真奈美)までご連絡下さい。
Please send an e-mail to Manami Hirayama for details!






























Subpages (1): Pictures